スポンサードリンク

便の悩み|薬を飲む前の排便コントロール:効果ありの食べ物、運動、即効性有り、なし

便秘解消に即効性を求めるなら、便秘薬やキシリトールガムなどがありますが、根本的に直すなら、便通にいい食べ物、飲み物と運動を組み合わせる事が必須です。運動といっても、腹筋ではなく、簡単なエクササイズです。

■排便なし=便秘ではない!

毎日、排便がないと便秘というわけではなく、1日おきだとしても、特に苦しくもなく、排便時すっきり感があり、硬くて黒い色の便ではなく、普通の便であれば、便秘ではないそうです。

■便秘薬、キシリトールガム(即効性有り)で、うんちを出す

化学的に作られた物なので、即効性がありますが、頻繁に飲み事はお勧めしません。苦しい時の一時しのぎとしてお勧めです。そして、薬を飲み事で便秘が治っていくという物でもありませんし、薬はだんだんと効き目が薄れてしまうので、改善には別の方法を試してください。

■食べ物で、うんちを出す(即効性なし)

食物繊維が有名ですが、中でも、大麦や小麦が食物繊維たっぷりでよいとされています。使い方は麦を米に混ぜて炊きあげるとか、パスタを食べるなどです。食物繊維は入っていませんが、腸まで菌が届くと有名なヨーグルトなども便秘解消にはよいです。それと、有名な所ではカレー、シリアルですね。

食べ物には即効性が低いので、効果がでるのは、早い人で翌日です。3食を食物繊維で固める必要性はありませんが、もし便秘性であれば、1週間位は、パスタやカレー、麦ご飯、ヨーグルトなどを試してみてください。私は、2、3日出てないと思った時に、ヨーグルトやパスタにメニューを変更し対処しております。

人には食べ物の好みがあるように、体と食べ物との相性もあるので、ヨーグルトでは効果がない人もパスタだったら効果ありかもしれません。自分の体と食べ物の相性は本人にしかわからないと思うので、いろいろ試してみて下さい。

■運動で、うんちを出す(即効性なし)

腹筋というと誰もしないと思いますが、簡単な運動を紹介します。

まず、姿勢は自由です。寝ていてもよし、立っていてもよし、座っていてもよし。

ふー、ふー、ふーと息を口から全部吐き出します。その時におなかはへこんでいきます。

次に、

すー、すー、すーと息を鼻から吸います。その時におなかは大きくなります。

これをふー、ふー、ふー、すー、すー、すーっを3回。

それを1セットとして、3セット実行しましょう。

気付いた時にやりましょう。1日に3セットを1回だけでもいいですよ。

■便秘に食物繊維の注意点(便秘にごぼう)

よくある失敗をお知らせしておきます。食物繊維をたっぷり取る方法がありますが、食物繊維には2種類(水溶性、不溶性)あり、ごぼうなどの不溶性ばかり食べると、便が硬くなり、出す時に苦しくなるので、パスタなどの水溶性の食物繊維も取るように心がけましょう。

スポンサードリンク−【このサイトについて】